可愛い犬服手作りしたい!

ハンドメイドでドッグウエアは簡単に作れる?

小型犬の飼い主さんに犬服の本をオススメしない理由

31

トイプードルやチワワ、ミニチュアダックスフンドやシーズー、豆柴にヨーキーなど、小型犬の飼い主さんは、犬服をショップで選ぶのにも苦労することは少ないかもしれませんね。

しかし、犬服を手作りするとなると、小型犬は大変なんです。

小型犬の犬服だから、作業するのが簡単だというイメージがありますが、背側・胸側・袖を縫い合わせるだけでも、生地が小さいのでミシンの扱いが難しくなります。

ちょっとしたズレで失敗したり全体のバランスを崩してしまうので、小型犬の犬服づくりは難しいのです。

大型犬の犬服であれば、生地も大きいのでノビノビ作業できるんですが、小型犬はより緻密な作業スキルが要求されてきます。

しかし、小型犬は多頭飼いしている飼い主さんも多く、同じ生地でお揃いの犬服を作る場合などは、小型犬の犬服は使う生地が少ないので低価格で済みます。

人によって違いますが、「はじめの1~3着は失敗してもいいや!」くらいの気持ちで作ると、あっという間に上達します。

犬服作りもお料理と同じで「いきなりテキパキこなす」のは難しく、経験していく中で上達して行きますので、まずは1~3着作ってみてはいかがでしょう。

小型犬の飼い主さんで、初めて犬服にチャレンジしたいという初心者の方にオススメなのは、いきなり犬服の本を参考にしないことです。

犬服の本は、犬服を図面のように掲載して作り方を教えてくれる教材なのですが、女性にとって「図面を理解する」のはかなり難しいことなので、お金に余裕のある人は犬服の教室に定期的に通うことをオススメします。

しかし、犬服作りにお金も時間もかけられない方や、近所に犬服教室がないという方には、自宅で犬服作りが学習できる「手作り犬服教室DVD」という、犬服デザイナーが映像で犬服作りを教えてくれるDVDの教材がよいでしょうね。

犬服の本と違って、犬服デザイナーの手元をテレビやPCの画面で見ながら作り方を学べるので、本当に初心者向きの学習方法です。

小型犬の飼い主さんの中で犬服作りの初心者の方は、手元がわからないと犬服づくりに苦労されます。だから、自分にあった学習方法でマスターするべきでしょうね!

●小型犬の犬服のメリット
小型犬の犬服を作るのに、生地が少なくて済むので原価が安い。

●小型犬の犬服のデメリット
犬服の面積が小さいので、細かい作業が要求される。

●初心者向け学習方法
「犬服教室」に通うか、「手作り犬服教室DVD」で学ぶ。

 - 犬服