可愛い犬服手作りしたい!

ハンドメイドでドッグウエアは簡単に作れる?

中型犬飼い主さんの多くが「犬服が売っていない!」と悩んでいます。

35

ウエルシュコーギーペンブローク、アメリカンコッカースパニエル、ビーグル、ボーダーコリーなど…

中型犬飼い主さんの多くが、「犬服が売っていない!」と悩んでいます。実際に地方では、ほとんど中型犬の犬服を置いているお店がなく、東京に遊びに来たついでに、何着も中型犬の犬服を購入されていく方が多いそうです。
(東京の犬服専門店さんに聞きましたが、東京でも中型犬より大きなサイズの犬服を扱うお店は、とても少ないようです)

●なぜ、中型犬の犬服を置いている店が少ないのでしょうか?

小型犬の犬服に比べて、中型犬の犬服を扱うお店が少ないのは、日本の家庭事情(家の広さ)の都合もあり、中型犬を飼っているご家族が少ないからだそうです。

だから、中型犬よりも大きなサイズの犬服の需要が少なく、生産工場では小ロットで作らなければならず割高になることと、そもそも生産数している犬服ブランドが少ないとのことが原因のようです。

●でも、中型犬の飼い主さんだって、犬服は着せたい!

犬服ショップの方にお話を聞くと、中型犬の飼い主さんも「愛犬に犬服を着せたい」という要望は強いそうですが、「割高」になってまでは購入したくないというのが現状だそうです。

しかし、一部の中型犬の飼い主さんは、オーダーメイドで犬服を作ってもらうショップに依頼したり、手づくりしたりするそうです。

●オーダーメイドと手作り犬服、価格差は10倍以上!?

オーダーメイドで犬服を作ってくれるショップでは、1着1万円以上するお店も多数あります。しかし、手作りすれば原価は材料代だけなので、1着1000円もしないとか・・・。

1着だけ欲しいなら1万円でもいいかもしれませんが、10着欲しいとなると、その差は9万円になります。だから、中型犬の飼い主さんの多くは、犬服を手作りする人が多いのですね。

●中型犬の犬服を手作りするなら・・・

犬服の作り方を学ぶのに、犬服の本よりも「とてもシンプルでわかりやすい方法」があります。それは、犬服教室に通うことです。全国展開しているカルチャースクールでは、犬服教室を開催してるところが多いようです。

しかし、犬服作りをマスターするまでに、費用と時間はかなりかかります。

●もっと、簡単に犬服作りをマスターしたいなら!

犬服作りを自宅で学習するDVDがあります。DVDですから、再生・一時停止をしたり、巻き戻して繰り返し「犬服デザイナーの、犬服作りする手元を確認」しながらマスターする方法があります。

わかりやすさと、価格のバランスを考えれば、初心者にとって一番よい学習方法ですね。興味のある方は、DVDの販売ページをチェックしてみては?

 - 犬服