可愛い犬服手作りしたい!

ハンドメイドでドッグウエアは簡単に作れる?

犬服ってなぜ着せるの?/犬服の必要性って何?

39

最近は、犬服を着せるということが普通になってきていますが、今だに「犬に服を着せるなんて、人間のエゴだ」といった意見を目にすることもあります。以前に比べるとだいぶ減ったようには思いますが。

そもそも、犬服ってなぜ着せるの?そんな疑問を感じている人もいるかと思います。

犬服を着せるということは、単なるオシャレだけではないということをよく知ってほしいと思います。

昔の犬たちに比べると、現在の犬たちはとても繊細で、暑さや寒さに対して非常に弱くなっています。

昔は年中外の犬小屋につながれて過ごしていた犬が多かったのが、近年集合住宅に住むご家族が増え、室内で犬を飼うという状況が増えています。

そのため、外気などへの免疫力も低下しているのだと思われます。

それに加えて、室内でぬくぬくと過ごすようになった犬たちは、体温調整もあまり上手ではないのです。

夏のエアコンではお腹をこわしてしまったり、風邪をひいてしまうことも多々あります。人間よりも低い位置で生活している犬たちにとって、エアコン(冷房)はただお腹を冷やすだけの道具になってしまうのです。

逆に夏場に関しては、最も日差しが強い日中に長時間のお散歩をすることで熱中症や脱水症状を起こし、命を落としてしまう子が例年増えている状況です。

「犬はそんなにやわじゃない」と、昔の感覚で飼ってしまっている人も多いのも原因です。

そんな体温調整や直射日光を遮る役目を果たしてくれるのが、まさに「犬服」なのです。

冬の朝からお散歩をさせるのは、犬によっても寒いのです。だから朝晩のお散歩には犬服はかかせません。室内とお外の温度差が激しいと、心臓発作を起こしてしまうことがあります。

夏のお散歩では、できるだけ黒い服は避けて、時々霧吹きなどで服を湿らせてあげると急激に上昇した体温をじわりじわりと下げることができます。またバンダナを水で濡らして首に巻いてあげるのも良いですね。

犬服は単なるオシャレアイテムではありません。必要に応じて使い分けることが可能な万能アイテムなのです。

最近は、犬服を手作りする飼い主さんも増えていて、益々犬服が当たり前のようになるでしょう。

ちなみに、犬服を手作りする際、本を見る人もいれば、DVD教材を見ている人もいるそうです。DVDの犬服教材は今まで見たことがないですから、日本初でしょう。

今は何でもデジタルの時代ですから、犬服のDVDもこれからどんどん普及していくことでしょう。

愛犬の長生きのため、必要な時には犬服を着せてあげられるように、常備しておくことをオススメします。

 - 犬服